憧れの不動産業界で働くために

資格を取得しておくことで、就職に有利な影響を及ぼすことがあります。
たとえば、宅建の試験に出願する人の中には大学生も含まれていますが、在学中に合格者となっておくことで、不動産関係や金融業界での就職に良い影響が及ぶかもしれません。

その一方で宅建は転職の際にも有利なのでしょうか。
転職の場合には、その業界でどの程度のキャリアを積んでいるかということが評価の対象になります。
まったくの異業種にチャレンジする場合、未経験者大歓迎という場合は別として、経験がない人でもあえて採用したいと思わせる何かが必要になります。
仮に不動産業界は未知の世界であるものの興味があって飛び込んでみようと決意するなら、宅建の資格を取得するべきでしょうか。
可能性を高めるという意味では有利に働く可能性があります。
宅建の資格の取り方、活用の仕方については、こちらのサイトも詳しいです。

とくに不動産関係の事業者は、事業所ごとに5人に1人の割合かそれ以上の割合で有資格者を置くことが法律で義務付けられていますので、有資格者を求めている会社であれば採用したいと思うようになる可能性があります。
もちろん資格を持っているとはいえ実務経験に乏しい場合には、1からいろいろ学んでいくことを覚悟する必要があります。
転職を有利に進めるために勉強を始めると言っても、社会人が勤務時間外を活用して勉強することは容易なことではありません。
資格試験について詳しく知りたい方はこちらのサイトがオススメです。

まずは自分にとってそれが現実的なことかどうか見極める必要があります。
次に、合格という目標に向かっていくためにどのような方法で学習を積み重ねていくか考える必要があります。


NEXT:宅建は難関資格なのか意外と簡単なのか?