宅建は広い範囲すべてを網羅するべきではない?

簡単に取得できる資格ではないからこそ、取得したときの喜びが大きく、しかもその資格を武器に活躍する機会が開かれます。
毎年大勢の方が不動産関連のスペシャリストとして活躍することのできるきっかけになる宅建の試験にチャレンジします。
しかし統計上の話を事務的にしてしまえば、その8割以上の人が辛酸をなめる結果に終わります。

ただし、試験科目など宅建の試験をよく理解したうえで、的を絞った効率の良い勉強に励むことで、自分自身はさらに高い確率で合格に近づくことが可能です。

試験科目は大きく3つに分けることができます。
まず権利関係の問題が出ます。
そして宅建業法、法令上の制限や税に関する問題となります。
勉強すべき範囲に注目すると、かなり幅広い部分の勉強が必要になるという印象を受けます。
それでも、一般的に試験対策のための勉強時間は300時間程度と言われています。
これはあくまでも目安であり、それ以上の時間をかける必要のある場合も出てくると思いますが、他の難関資格に比べると少ない学習時間でも十分に合格を狙えるわけです。

出題範囲は広いものの、試験の合格を左右する採点の方法について考えれば、それほど深刻に考えなくても良いことがわかります。
試験では7割以上の正解で合格となるわけですから、すべてを網羅して10割を目指して進むよりも、確実に合格圏内に滑り込むことができるようにすればいいわけです。

このように的を絞った効果的な学習をすることが合格へのカギです。
独学や通信講座、学校などを比較検討しながら、確実な合格を目指してください。

Comments are closed.