宅建は難関資格なのか意外と簡単なのか?

「意外と簡単だ」という人がいる一方で、「難関資格」に数えられることの多い宅建ですが、実際のところはどうでしょうか。

現在のところ受験資格が特に定められていないのがその特徴です。
つまり受けたいと思えばだれでも出願して受けることができます。

しかしだからと言って毎年10%台の低い合格率で推移しているのは、受験資格が定められていないことによると考えることはできません。
中には含まれていると思いますが、思いつきで合格したらラッキーという感覚で受験する人は少ないからです。
その多くが再チャレンジなどをしており、一生懸命勉強している人たちなのに合格率が低いわけですから、たしかに難関資格ということができそうです。
ところが、宅建の試験に合格するためには、だれもが膨大な時間と費用をかけなければならないというわけではなく、まったく不動産や金融とは異なった分野で働いている方でも独学で合格することも十分に可能です。

肝心なことは、的が絞られた効率の良い勉強法を採用することです。

いちばん合格に近づけそうな方法としてスクールをイメージする方が多いと思います。
たしかに決められた時間に系統だって、経験のある講師から教わることができますし、長年の経験が蓄積された教材を持っています。
それでも、皆が仕事帰りの時間にスクールまで行って勉強できる環境にいるわけではありません。
自分の決めた時間に学習できる通信講座、選んだテキストをひたすらこなす独学など、複数の方法によって合格を目指して歩むことができます。
できるだけ早く方法を選んで学習を始めるようにしてください。

Comments are closed.