宅建合格で年収アップも思いのまま?

資格を取得することによって年収がアップするような印象を受ける場合もあるのですが、宅建の場合にはいかがでしょうか。

もともと不動産関係の仕事や金融関係の仕事に従事している場合には、宅建の資格を取得することによって資格に対する手当てが支給されることもあります。
あるいは今回の試験を踏み台にしてさらなる法律の資格を取得し、転職などによって一気に年収アップを目指すことも可能です。
場合によっては最初から独立することを視野に入れて資格試験に望んでいるかもしれません。

その場合、その後の年収に関しては一概には言えません。
宅建の資格を取ることで必ず年収がアップするというわけではないとしても、大きな可能性を広げるきっかけにはなります。

ところで、試験に合格することで自動的に宅地建物取引主任者になれるわけではありません。
その後の登録や手続きを経て晴れて有資格者として活躍することができます。
最近では将来への布石として試験を受けて、合格者にとどまっている人たちの大勢います。
その後のキャリア構築の次第でどのように資格を活かすかをきめるわけです。
場合によっては合格までの道のりが長く険しいものに感じると思います。
そのような時には同じ目標に向かっている仲間の存在が大きな励みになるに違いありません。
スクールで共に学ぶことによって、互いに支え合って合格へと近づくことができます。

その一方で、自分自身で予定を立てて試験の日から逆算して「いま何をすべきか」はっきりと理解して実行することのできる人にとっては、通信講座や書店でのテキストで事が足りる場合があります。

Comments are closed.