本当に宅建で就職が有利になるのか

取得しておくと就職に有利と言われている資格の中には、実際はそれほど有利にならないものもあるために、取得を目指す資格に関しては慎重に検討する必要があります。

かなり前から法律系の資格の中でも、不動産関係において活躍の場が広がると言われている宅建に関しては、受験資格が一切ないために、社会人だけではなく学生の受験も珍しくなくなっています。

その中には漠然と、「将来に役立ちそう」ということで出願する人たちもいます。
宅建を受験する理由の1つには、「就職に有利だから」というものが含まれています。
最近の傾向としては、けっして合格率が高くない資格であるとは言え、人気のために受験者数も多く、毎3万人以上の合格者を輩出しています。
その分だけ、有資格者を求めている現場でも十分に需要が満たされているということも事実です。
それでもまだまだ住宅メーカーや不動産屋への就職を希望する場合には、資格を持っている場合には即戦力として活躍してもらうことが期待できるため、資格のない就職希望者よりも有利になるということもできます。

しかしただ資格だけを武器にするのではなく1つのセールスポイントとしてとらえて、その他にも秀でている部分を持っているならなおさら良いと言えます。
就職にしても独立にしても、資格を持っているというだけでは勝負できないのは弁護士や司法書士も同じです。
資格を1つのステップとして、どのように生かしていくかということが問われます。
宅建の試験に確実な仕方で合格して、その先のキャリアデザインを進めていってください。

Comments are closed.